one by one 暮らし向上プロジェクト

毎日の暮らしが少しでも心地よいものになるように、少しでも自分が前へ進んでいると思えるように。日々実践しているアイディアを紹介します。Twitter@natsuno357 Instagram@natsuno3535

Books

アーサー・ランサムで夏休み

#アーサーランサム はイギリスの作家で、湖水地方を舞台にふた家族の子供たちが湖で冒険を繰り広げるツバメ号とアマゾン号シリーズを書きました。冬のお話もあるけど、やはり、私にとはランサムは夏休みのイメージです。子供たちの冒険も楽しいし、食事のシ…

岩野礼子さんの本を読んでイギリスに憧れる

#岩野礼子 さんの #ロンドン一人暮らし術 は、私がイギリスに渡るきっかけになった一冊。もう20年くらい前の話ですが。あの頃は若かった実際にはロンドンでなはくノッティンガムに一年ほど住んでたんだけど。旅するのではなく、暮らしていくイギリス。岩野さ…

月の和名を覚える

10年以上前に購入した旧暦くらし研究会の「おりおりに和暦のあるくらし」。旧暦の季節おりおりのイベントや慣わしを紹介している本。今でも何回も読み返します。結構年季が…この本で旧暦っていいなと思うようになりました。そして月に和名が色々あることも知…

「ありのまま」でよしとする

#梶田真章 さんの本「ありのまま」。落ち込んだ時はこの本を読んで、心を回復させます。梶田さんは京都の法然院の住職さん。私は仏教徒ではないけれど、この本を読むと、ていねいに暮らしていこう、心をゆったりさせていこうど思えます。ていねいに暮らすた…

まずは体を整える

#暮らしのおへそ シリーズの一冊。これも図書館で借りてきました。三連休に夏の暑さに疲れた体を整えようと思いまして。おなかがすいた時に食べる食べ物を見直す、運動の取り入れ方、などなど。この本から学んだことを実践していきたいと思います。 #ていね…

夏はSFを楽しむ

夏が本格化して日光過敏症の私は昼間外出することが少なくなり。うちにいる間のリラックスタイムにお気に入りのSFを読みます。学生時代に愛読した作品たち。今も大事にして読み返しています。テクノロジー一杯のものよりほんわかするSF作品が好きです。「ソ…

ヴァンテーヌから学ぶ

もう20年くらい前だと思いますが、ヴァンテーヌという女性雑誌があって、私にとってはファッションのお手本であり、ファッション以上のライフスタイルを提言していて、毎月楽しみにしていました。とてもハイクオリティの雑誌だったと思います。何回か引越す…

暮らし本を読む

日々の生活が雑になってきたなあと思ったら、好きな作家さんの暮らし本を読み返します。平澤まりこさんのこの本は大のお気に入り。何回も読んで結構くたくたに平澤さんの暮らしぶりや雑貨使いが大好きです。色々真似しましたねえ。平澤さんのティータイムの…

自分のファッションを見直す

ファッションの本は色々読んだけど、#三尋木奈保 さんの #マイベーシックノート が一番のお気に入りです。高価な服を買わなくても使えるテクニックや、実生活で応用できるアイディアがいっぱい。この本を読んでだいぶ自分のワードローブを見直しました。色の…

家事の大切さを忘れない

忙しかったり疲れていると、つい家事が雑になり、身の回りがよどんでくる気がします。昨日はお気に入りのお皿を落として割ってしまいました。雑に皿洗いをしていたからです。ああ、よくないなあ、と思い、そういう時に読み返すのが #田中千恵 さんの #くりか…

「きょうの一句」

俳句が趣味です。毎朝この本で「きょうの一句」を読みます。俳句って五七五でリズムもあるし、覚えやすい。音読してます。季節を表す季語に触れて季節の移り変わりを感じることもできます。俳句を読んでいると日本語っていいなあと思います。

習慣に関する本を読む

2017年も1カ月過ぎて、新年の誓いや、身につけようと思っていた習慣も、少し崩れ始めて軌道修正が必要な頃。習慣についての本を読んで気持ちを改めます。最近読んだ中では #毎日の暮らしが輝く52の習慣 #人生を変える習慣のつくり方 がなるほど〜と思いまし…

「ある日、気持ちよくすごしたいと思ったときから」

廣瀬裕子さんのエッセイ本です。 本屋でふとこの本のタイトル「ある日、気持ちよくすごしたいと思ったときから」が目に入り、手にとりました。 気持ちよくすごしたい。 生き方を変えていきたい。 心地よく、自分に嘘をつかずに、取り繕わずに生きていきたい…

リストマニアになろう

大掃除のリストを作っていると以前書きましたが。 大掃除だけでなく、私はいろいろなリストを作っています。 そんな私がとっても共感したのがこの本「リストマニアになろう!」 ポーラ・リッツォさん著。 リストを書きだしてみると、新しい発見があったり、…

春になったら苺を摘みに

クリスマスになると読み返す本があります。 梨木香歩さんの「春になったら苺を摘みに」。 梨木さんのエッセイのような小説のような短編を集めた本ですが、その中に「クリスマス」という章があります。梨木さんがニューヨークの知人の家でクリスマスを過ごす…

とっておきの気分転換

気分転換本といえばこれ。 廣瀬裕子さんの2000年出版の本。今は絶版になっていると思います。 杉浦さやかさんのかわいいイラストとともに、日々の暮らしの中で気分転換できるアイディア55を提案。私にとってはバイブルのような本です。 この本の中のアイディ…

サルビア歳時記

暮らしが元気になる、気分をリセットできる本。 「サルビア歳時記」 図案セキユキヲ 文木村衣有子 という豪華な顔ぶれ。 ずいぶん昔に購入した本ですが、私の「暮らし本」ベスト5に入る、大切な本です。 月ごとのエッセイ、写真、デザイン、料理、その月の…

「ていねいな暮らし」柳沢小実

気持ちをリセットできる本。 柳沢小実さんの「ていねいな暮らし」 私が初めて買った暮らし本だったと思います。 まず表紙からしてすてきですよね。 柳沢さんの暮らしを大切にするエッセイ集で、写真やイラストも豊富。 私はこの本で「かまわぬ」のてぬぐいを…

「暮らしのさじ加減」金子由紀子

気持ちがすっきりする暮らし本。 金子由紀子さんは、ふつーの人々がふつーな暮らしの中でできることを提案してくれる等身大作家さんだと思います。 すごくおしゃれなインテリアや、完璧にコーディネイトされた家具、とかそういうことではなく、仕事したり子…

「夢をかなえる人の手帳術」藤沢優月

藤沢優月さんの本に出会ったのは2003年。もう10年以上昔なのですねえ。藤沢さんの初めての本「夢をかなえる人の手帳術」との出会いは本屋で偶然みかけて手にとったことでした。 公私ともに忙しくてなんだか自分が何をしているのか、行き当たりばったりで方向…

気分転換本「こころのヨーガ」赤根彰子

すごく心が弱っていた頃、立ち寄ったカフェの本棚においてあって手にとった本。 その時の自分にすごくしみわたってきて、完読。 家に帰ってアマゾンで注文して我が家の本棚に仲間入りした愛読書の一冊。 ヨーガですけど、体を動かすヨガではないのです。 読…

寝る前に読む本「星三百六十五夜」

寝る前のひととき。 一日の締めくくりに読む本として「星三百六十五夜」を愛読してます。 野尻抱影さんが書いた星にまつわる短編エッセイ集。4つの季節ごとに編集されています。野尻さんは「冥王星」の命名者であり、星をすごく愛していて、エッセイを読ん…

美FOODで体調を整える

「食べたものでしかあなたは作られない」・・・真理です・・・ この本は体や肌によい食材をピックアップしてそのレシピを紹介しているのですが、私にとっては今や料理のバイブル本。 体調悪いときはこの本をペラペラめくってレシピを決めます。 サーモン、き…

「禅語」

元気が出る本「禅語」石井ゆかり パイ・インターナショナル 禅の教えを美しい写真とともに解説したエッセイ。 お寺のお坊さんではない人が書いたからこそ、わかりやすく、私たちの生活に結び付けて、はっとする思いを湧き立ててくれます。 一期一会とか、喝…

内田彩仍さんの本

内田彩仍さんは憧れの人。 内田さんの本は一番最初の「ミルクと毎日」以外は全部持っています。 内田さんの丁寧な暮らしぶりに触発されて、いろいろ真似してみました。 現実には内田さんのような生活を送るのはなかなか難しいこともあるけれど。 ノートに書…