読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one by one 暮らし向上プロジェクト

毎日の暮らしが少しでも心地よいものになるように、少しでも自分が前へ進んでいると思えるように。日々実践しているアイディアを紹介します。Twitter@natsuno357 Instagram@natsuno3535

夜用のお茶を用意する

夜時間をリラックスして過ごすために。 夜用のカフェインフリーかカフェインが少ないお茶を常備しておきます。 Harney & SonsのCherry BrossomとGinger teaが私のお気に入り。 前者は桜の甘い香りがする緑茶。後者はしょうが味。 どちらもティーパックで気軽…

とっておきの気分転換

気分転換本といえばこれ。 廣瀬裕子さんの2000年出版の本。今は絶版になっていると思います。 杉浦さやかさんのかわいいイラストとともに、日々の暮らしの中で気分転換できるアイディア55を提案。私にとってはバイブルのような本です。 この本の中のアイディ…

サルビア歳時記

暮らしが元気になる、気分をリセットできる本。 「サルビア歳時記」 図案セキユキヲ 文木村衣有子 という豪華な顔ぶれ。 ずいぶん昔に購入した本ですが、私の「暮らし本」ベスト5に入る、大切な本です。 月ごとのエッセイ、写真、デザイン、料理、その月の…

風邪対策ーしょうがのはちみつ漬け

冬になると風邪をひかないように、いろいろ予防対策をします。 首回りにスヌードやマフラーをまいたり。 加湿器を寝る時もつけておいたり。 それから、しょうがのはちみつ漬けを食べます。 前は自分で作っていたけれど、日持ちしない。 それで最近はディーン…

自分の「心がまえ」を書いておく

忙しいと、ついつい、自分がこうありたいと思っている姿から遠くなります。 いらいらしたくないのに、小さなことで心が波立ったり。 やる気がなくなったり。 やめたいと思っていた自分の行動を繰り返してしまったり。 そういうときのために、スケジュール帳…

月曜日の朝のケーキ

月曜日。一週間の始まり。 その景気づけに月曜日の朝はケーキを食べていいことにしています。 私は甘いものが大好きだけど、いつもケーキを食べていたら、健康的にも体重的にもよくないので。 日曜日にお気に入りのケーキを買っておき、月曜日の朝に紅茶と一…

アヴェマリアを聴く

12月になると「アヴェマリア」が聞きたくなります。 クリスマスが近づくからでしょうか。 私はクリスチャンではありませんが、宗教とは関係なく、「アヴェマリア」を聞いていくと、心が静かに平らになってきます。 それで「アヴェマリア」のいろいろなバリエ…

「ていねいな暮らし」柳沢小実

気持ちをリセットできる本。 柳沢小実さんの「ていねいな暮らし」 私が初めて買った暮らし本だったと思います。 まず表紙からしてすてきですよね。 柳沢さんの暮らしを大切にするエッセイ集で、写真やイラストも豊富。 私はこの本で「かまわぬ」のてぬぐいを…

悩むより動くほうがずっと簡単

気分がリセットできる言葉。 「悩むより動くほうがずっと簡単」 これは、吉元由美さんの本「「小さなこと」から、変えてみる」の中のフレーズです。 吉元さんはJupiterの作詞家さんですね。エッセイストでもあります。 悩むより動く。 今の私はこの言葉がす…

波の音を聴く

私が海のそばで育ったからでしょうか。 海の匂いや波の音を聴くとすごく落ち着きます。 それで海にちなんだCDを幾つか持っています。 静かに物事を考えたいとき。 本を読んでいるとき。 寝る時。 ヨガをする時。 波の音を聴いていると、心が平らになっていく…

「暮らしのさじ加減」金子由紀子

気持ちがすっきりする暮らし本。 金子由紀子さんは、ふつーの人々がふつーな暮らしの中でできることを提案してくれる等身大作家さんだと思います。 すごくおしゃれなインテリアや、完璧にコーディネイトされた家具、とかそういうことではなく、仕事したり子…

「雑草と戦う人生」にしない。

不安や心配は雑草のようなもの。なくなりはしない。 「雑草と戦う人生」にしない。 気持ちが切り替えられる、私が前向きになれた言葉を紹介します。 この言葉は、リズ山崎さんの「いますぐ幸せがやってくる 自分の愛し方100」という本の中のフレーズ。 考え…

月を見る

夜や明け方、月を見上げます。 特に秋冬は空気が澄んで月がきれいに見えます。時折、月の周りに虹がかかる月虹という現象も見れます。 月の神々しさを見ていると、今自分が生きている生活からちょっと離れて、ただ月の美しさにほれぼれします。時間にすれば…

節約テク② 手作りスウィーツ

甘いものに目がない私。 コンビニスウィーツの誘惑に負けそうになりますが。 コンビニスィーツも安価だからといって油断していると、ちりも積もれば山となるでけっこうな出費になることも。 そこでプリンやゼリー系のスィーツは自分で作るようにしています。…

引き出しの中を片付ける

11月に入ると年末大掃除プロジェクトをスタートしますが。 細かな掃除は毎日少しづつ進めていきます。 引き出しの中の掃除と整頓は、毎日1個づつ片付ければそれほど苦にならないし、 着実に効果が出るのでやる気を刺激します。 今日はまず、キッチンの中の食…

玄米を食べる

お米は玄米を食べます。 私は食べ物の好き嫌いが多くて、肉は食べないし、お菓子が好きだし、体によいことを何かしないとと思い、玄米にしました。 白米だと「ごはん」って感じですが、玄米だと「野菜」「栄養」って気がします。 近くにおいしいお米屋さんが…

旧暦のリズムを大切にする

旧暦のイベントを大切にしたいと思っています。 現代の暦と旧暦では1か月くらいずれているので合わない行事もあるけれど。 旧暦の行事を知ることで、四季の移り変わりを実感できます。 忙しい日々の句読点になるような気がします。 旧暦イベントを知るための…

節約テクその①

お金の使い方にはけっこうメリハリつけます。 とりあえず今お金に困ってはいないけど、会社勤めをやめたい時もくるかもしれないし。犬たちのためのお金は確保しておかないといけないし。 それにもともとムダにお金を使うのは好きではないし、ぜいたくな方で…

ライフタイム・クロックを考える

ライフタイム・クロックという考え方があります。 吉元由美さんの本「年を重ねるたびに美しく幸せにんる女性の理由」で知った言葉。 一生を24時間に置き換えて、自分がいま24時間の何時にいるのか認識すること。 一日に置き換えると、実感をもって過ぎた時間…

朝型になる

私は昔完全夜型だったのですが。 10年ほど前から完全朝型になりました。 夏は4時、冬は5時に起きます。朝その時間に起きると、仕事に出かけるまでに3~4時間ほど時間があります。 その間にいろいろなことができるので、朝型に生活をシフトしたことによって…

「夢をかなえる人の手帳術」藤沢優月

藤沢優月さんの本に出会ったのは2003年。もう10年以上昔なのですねえ。藤沢さんの初めての本「夢をかなえる人の手帳術」との出会いは本屋で偶然みかけて手にとったことでした。 公私ともに忙しくてなんだか自分が何をしているのか、行き当たりばったりで方向…

選べるシアワセを楽しむ

ほんのささいなことですが。 「選べる」ってシアワセを毎朝楽しみます。 ジャムを数種類常備しています。 朝食はパン派なので、毎朝今日はどのジャムにしようかな?と選びます。 今日は定番のオレンジマーマレードに、りんご、レモンで。 季節に合わせたジャ…

気分転換本「こころのヨーガ」赤根彰子

すごく心が弱っていた頃、立ち寄ったカフェの本棚においてあって手にとった本。 その時の自分にすごくしみわたってきて、完読。 家に帰ってアマゾンで注文して我が家の本棚に仲間入りした愛読書の一冊。 ヨーガですけど、体を動かすヨガではないのです。 読…

歩く

すごく単純なことですが。気分を変えるには歩くことがすごく有効だと思います。 家の中で悩んだり、うつうつとしているよりも、外に出て歩く。これでけっこう気分が変わります。 落ち込んでいる時って外に出るのさえ億劫になるのですが。 そこをちょっとがん…

朝ノートの習慣

私が自分の気持ちの切り替えや整理にすごく役立つなあと実感しているのが、大掃除とこの朝ノート。 うちは朝型なので4時から5時の間に起きて、洗顔して紅茶をいれたらゆっくりと朝ノートを書く時間を設けます。 その時思っていることや、こうしたいなあと思…

年末大掃除リストを作る

気持ちの切り替えや、もやもやした気持ちの整理に、すっごくよく効くのが大掃除。 この効果を実感してからは私は年に4回、季節の変わり目ごとに大掃除を実行しています。特にクライマックスは年末の大掃除。 大掃除といっても単に掃除するだけでなく、物や事…

寝る前に読む本「星三百六十五夜」

寝る前のひととき。 一日の締めくくりに読む本として「星三百六十五夜」を愛読してます。 野尻抱影さんが書いた星にまつわる短編エッセイ集。4つの季節ごとに編集されています。野尻さんは「冥王星」の命名者であり、星をすごく愛していて、エッセイを読ん…

時々和菓子日和

普段は紅茶派だけど、ときどき気分転換にお抹茶を点てて飲むことがあります。 そういうときのお供はやっぱり和菓子。 近所においしい和菓子やさんがあるので、よくそこで生菓子を購入。 お抹茶といっしょに頂きます。 和菓子は寒い季節のほうがおいしい気が…

美FOODで体調を整える

「食べたものでしかあなたは作られない」・・・真理です・・・ この本は体や肌によい食材をピックアップしてそのレシピを紹介しているのですが、私にとっては今や料理のバイブル本。 体調悪いときはこの本をペラペラめくってレシピを決めます。 サーモン、き…

古布のリユース

古いモノが好きです。 よくアンティークショップやリサイクルショップを覗いてます。雑貨屋さんへ行くと、リメイクモノに惹かれます。 写真のコースターは、雑貨屋さんでみつけた着物をリメイクしたもの。 コースターだけでなく、干支物をおく座布団代わりに…

ファーつけてコートのリメイク

肌寒くなってきましたね。 もうすぐコートが必要な季節。 新しいコートを買いたいけれど、まあお金のことを考えたら、そういつも新しいものを買うわけにもいかず。 そこで、今あるコートをリメイク。手芸屋さんでフェイクファーを買ってきて、コートの袖にち…

疲れた時には甘いフレンチトースト

ちょっと疲れたな~元気でないな~という朝。 甘いフレンチトーストを食べます。 パンをミルクと卵にひたして、フライパンで焼く。そしてはちみつやジャムをたっぷりつけて食べます。 最近はバターではなくオリーブオイルで焼いて少し塩をかけて、その上から…

お香で気分転換

香りは気持ちの切り替えにかなり有効。 時々お香をともします。 最近はお香の種類も豊富で、仏壇に供える目的だけではなく、アロマ代わりになるいろいろな香りのお香がありますね。 朝や夜、あるいはヨガをするときに、お香をともして気分を変えます。 お香…

干支物を飾る

毎年干支の小物を飾るようにしています。 年末までに近くの神社などで干支物を購入して、年が明けた元旦に、新しい干支と交換します。 年が改まったと実感する習慣。 そしてある日気づきます。12種類の干支がすべて揃ったということを。 そう、毎年干支物を…

箸置きの楽しみ

ごはんを食べるときは箸置きを使うようにしています。 季節に合わせた箸置きを置くのもささやかな楽しみ。 春には桜の箸置き、夏には若葉の箸置き、秋には栗の箸置き、冬にはうさぎの箸置き。 旅先でもみやげに買うのは箸置き。小さくて手軽だし、その土地の…

ミニ盆栽を育てる

身の周りにグリーンがあると心がなごみます。 ベランダには幾つかミニ盆栽を育てています。 こんなに小さい鉢の中にも、ちゃんと四季が巡ってくる。 春には新芽を出し、秋には紅葉する。 盆栽とは世界そのものだと盆栽作家さんが言ってましたが、まさにその…

器の再利用でグリーン

欠けてしまったり、一部割れてしまった器。 お気に入りのものだと捨てるのも残念で。 植木鉢代わりに再利用。 けっこうすくすくグリーンが育ちます。 お気に入りのものは、暮らしの中でできるだけ長く使ったいきたいですよね。

野点で気分転換

野点セットを持っています。 季節のよい頃に、野点セットとお湯をいれた水筒とプチスウィーツを持って近くの公園へ。 外で抹茶をささっと点てるのも気持ちいいものです。 特に秋は野点におすすめ。 写真は東京の小石川植物園。 秋風に吹かれながら外で抹茶を…

マウスウォッシュはガラス瓶に

マウスウォッシュはガラス瓶に入れ替えて、使っています。 ガラス瓶は近所の雑貨やで。 ガラス瓶に入れ替えると、マウスウォッシュの色がきれいで映えますよね。

「禅語」

元気が出る本「禅語」石井ゆかり パイ・インターナショナル 禅の教えを美しい写真とともに解説したエッセイ。 お寺のお坊さんではない人が書いたからこそ、わかりやすく、私たちの生活に結び付けて、はっとする思いを湧き立ててくれます。 一期一会とか、喝…

ヘッドフォンとそうじ

今年買ってよかったモノBEST3が、このBluetoothのヘッドフォン。 ヘッドフォンってピンキリですが、白いのがほしくてこれを購入。AKGというメーカーのもので量販店で1万円くらいだった。 イヤホンコードをささなくても音楽を聞けるし、スマートフォ…

内田彩仍さんの本

内田彩仍さんは憧れの人。 内田さんの本は一番最初の「ミルクと毎日」以外は全部持っています。 内田さんの丁寧な暮らしぶりに触発されて、いろいろ真似してみました。 現実には内田さんのような生活を送るのはなかなか難しいこともあるけれど。 ノートに書…

ていねいな暮らしのはじまり

毎日いいことばかりではないけれど。 なるべく心地よく暮らしていきたいなあ。ていねいに暮らしていきたいなあ。 気持ちが落ち込むこともあるけれど。 なるべく気持ちをリセットして、自分が少しでも前に進んでいる、と思えたら。 そんな思いで試行錯誤しな…