one by one 暮らし向上プロジェクト

毎日の暮らしが少しでも心地よいものになるように、少しでも自分が前へ進んでいると思えるように。日々実践しているアイディアを紹介します。Twitter@natsuno357 Instagram@natsuno3535

朝型になる

f:id:natsuno357:20161103123836j:plain

私は昔完全夜型だったのですが。

10年ほど前から完全朝型になりました。

夏は4時、冬は5時に起きます。朝その時間に起きると、仕事に出かけるまでに3~4時間ほど時間があります。

その間にいろいろなことができるので、朝型に生活をシフトしたことによって、私の生活はすごく変わりました。

よく早起きの効能を薦める本がありますが、私も自分自身で朝型にしてかなり考え方や暮らしぶりが変わったと思います。

はじめは目覚まし時計をかけていました。

ジリジリ~っていうさわがしい音で目覚めたくないなあと思い、鳥のさえずりの目覚まし時計、色は私の好きなピンクにしました。

でも今では、目覚まし時計を使うことはめったにありません。

体が朝起きる時間をおぼているので、自然に目が覚めます。

年をとったということかもしれませんが(笑)

その代わり、夜は10時にはもう眠くなっちゃって、夜更かしはできません~。

朝起きて、まず窓をあけて、空気を入れ替え、まだ静かな街の雰囲気を味わい、ベランダでう~~んと伸びをして深呼吸3回。

その後紅茶をいれて、静かなピアノ曲をかけて、朝ノートを書きながら、30分くらいいろいろ考えます。こうしたほうがいいかな?ああしてみようか?とか、反省したり、未来への希望を考えてみたりして、ノートにあれこれ書き付けます。

この時間が私を変えた貴重な時間。

それから犬を散歩につれていき、シャワーを浴びて、軽く掃除して、朝ごはん。

英語の15分勉強をして。化粧する。

ここまで済ませて、まだ7時くらい。

その後、ブログを書いたり、インスタグラムやTwitterアップして7時半。

犬たちと遊んで。

少し本を読んで。

いろいろタスクを終わらせ、楽しみを盛って、それでもまだちょっと家を出るまでに時間がある。

そういうゆとりを感じると、一日がいい気分でスタートできます。

朝早くおきて、自分のためにいろいろ時間をとることが、自分の暮らしや人生観を大きく変えてくれました。