one by one 暮らし向上プロジェクト

毎日の暮らしが少しでも心地よいものになるように、少しでも自分が前へ進んでいると思えるように。日々実践しているアイディアを紹介します。Twitter@natsuno357 Instagram@natsuno3535

百人一首を詠む

f:id:natsuno357:20161226073614j:plain

お正月が近いからというわけではないのですが、私は時々朝百人一首を詠みます。

百人一首って子供のころからなじんでいるから、あ、この歌知っているなあっていうものもありますが。大人になってから詠むとまた味わいが違うのです。リズム感もいいですよね。声に出して読むと、そのリズム感をよく味わえます。

私の好きなお気に入りの歌は

 

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

 

入道前太政大臣の歌。花がちって嵐が吹く庭の白いものは実は雪ではなく、真に古りゆくものは我が身なのだ。そういう時の流れにはっとさせられる歌なのです。

自分の過ごしてきた時間の長さを感じるようになると、この歌の重みがしみじみわかるようになりました。

年末のあわただしい中ではありますが、百人一首にお気に入りの一首をみつけて、声に出して詠んでみる。新しい発見があるかもしれません。